看護師

足にコブができる下肢静脈瘤の治療|名医の力で完治を望む

身体自身ががんを治療する

ドクター

免疫治療は、人間の身体がもともと備えている免疫力を強化する治療技術です。自律的な異物排除システムを構成する免疫細胞の力を強化することで、がん細胞を攻撃し、増殖を防ぎます。身体に負担をかけないがん治療法として注目されています。

詳しく見る

更年期を楽に過ごす

看護師

女性にとって更年期障害はとても辛いわけですが、症状を和らげる方法はいくつかあります。 そのひとつに医療機関で行われる、プラセンタ治療が今注目されています。 プラセンタが天然の成分であるため、副作用の心配をせずにすみます。

詳しく見る

最善の放射線治療

ドクター

放射線治療は正常な細胞にダメージを与えてしまうという問題がありますが、サイバーナイフという機械を使った放射線治療ならば、その問題はクリアされています。ただ、サイバーナイフには、保険が適用されない場合があります。その時は、医療費控除を受ければ、治療費の負担は軽減できます。

詳しく見る

がんの治療は

病院

具体的な治療法

下肢静脈瘤などの病気になった場合、専門医の元に行き治療する必要があります。日本人の中でも特に患う人の多い、がんはその患部や人によって治療法が変わってきます。女性に多い、乳がんという病気を患った場合どのような治療が行われるか、人や進行具合によって変わってきます。乳がんの初期治療には手術や放射線療法といわれる治療あります。その病気の状態によって、どの治療になるかは変わってきます。医師が、がんの情報について詳しく調べたのち、自分にあった治療を行なってくれます。乳がん治療はまず、診断から始まります。下肢静脈癌を始めとしたがんの大きさやその状態について詳しく調べます。その後は、すぐに手術に移るか、術前療法を行います。術前療法とは、化学療法やホルモン療法の事です。下肢静脈癌手術の後は術後診断を行い、その後のがんの大きさやがんの取り残しについて確認します。その後、術後療法を行います。定期的な経過観察もその後行います。

自分の要望を伝える

下肢静脈瘤の治療を行う病院は全国各地にあります。そのため、自分の通いやすい病院や近い病院に行く、検診してもらいましょう。その後、治療やその後の流れによっては他の病院に行く事もあります。病院の指示をよく聞き、治療を行える場所に行くとはやく治療を受けられるはずです。自分にあった場所に行くことも大切ですが、早めの治療が早期完治につながります。そのため、早めに専門医の元に行くといいでしょう。病院に対する自分の希望がある場合は直接病院に言ってみる事も大切です。ただ、希望の通らない場合もあります。その際は素直に専門医の指示をよく聞くことが大切です。