身体自身ががんを治療する|足にコブができる下肢静脈瘤の治療|名医の力で完治を望む
院内

足にコブができる下肢静脈瘤の治療|名医の力で完治を望む

身体自身ががんを治療する

ドクター

新しいタイプの治療技術

人間の身体には、ウイルスなど体内に侵入した異物を自動的に排除する能力が生まれながらにして備わっています。この能力を免疫力といいます。免疫力は、体内で発生した異物、具体的にはがん細胞に対しても優れた防御性能を持っています。小規模ながんが時に自然治癒することがあるのは、この免疫力のおかげです。しかし加齢や体調の悪化等によって免疫力が低下すると、正常な細胞ががん化するスピードに対抗できなくなります。これががんの発症を招きます。ならば、この免疫力を強化すれば、がんの増殖を防げる可能性が高まることになります。このような視点から開発されたのが、免疫治療という医療技術です。新しいタイプのがん治療法として、各方面から注目を集めています。

副作用はほとんどなし

免疫治療は、免疫力のもととなる免疫細胞の活性を高めることを目的とした医療です。免疫細胞は、正常な細胞とがん細胞を見分けて他の細胞に伝達する細胞、異物を見つけ次第捕食する細胞などさまざまな役割を持つ細胞のグループで、体内で一種の「チーム医療」を行っています。免疫治療では、それぞれの免疫細胞の特性を見極め、その能力を強化する医学的処置を施します。化学療法などの従来のがん治療は、抗がん剤といった異物をもってがん細胞という異物を排除していましたが、免疫治療の場合は身体自身が治ろうとするのをサポートするという、よりソフトな戦略をとっています。そのため、大幅な体力の低下を招かない治療法として人気を呼んでいます。入院の必要はなく、副作用の心配もほとんどありません。